岡山学院大学の教育方針

教育目的・目標

●教育目的
人間生活学部食物栄養学科では、高度な専門知識や技能を修得し、QOL向上のための栄養の指導を行う専門家を育成します。

●教育目標
1.生活習慣病の予防と改善に貢献する管理栄養士の養成
2.疾病の予防や治療において栄養評価・判定に基づく高度な専門知識・技能による栄養指導及び栄養管理等に携わることのできる管理栄養士の養成
3.豊かな人間性に富み、カウンセリングや福祉・介護分野の知識を修得した管理栄養士の養成
4.人材ニーズが高まっている食品技術系の企業で活躍する管理栄養士の育成

 

現場に即応できる管理栄養士には、専門的・汎用的な学習成果が求められます。

●専門的学習成果


1.管理栄養士が果たすべき多様な専門領域に関する基本となる能力
2.管理栄養士に必要とされる知識、技能、態度及び考え方の総合的能力
3.チーム医療の重要性を理解し、他職種や患者とのコミュニケーションを円滑に進める力
4.公衆衛生を理解し、保健・医療・福祉・介護システムの中で、栄養・給食関連サービスのマネジメントを行うことができる能力
5.健康の保持増進、疾病の一次・二次・三次予防のための栄養指導を行う能力

●汎用的学習成果


1.栄養学分野の基本的な知識を現代の諸問題と関連付けて理解する能力
2.職業生活や社会生活でも必要な数量的スキルや情報リテラシー
3.職業生活や社会生活でも必要なチームワーク、リーダーシップ、コミュニケーション能力
4.社会人としての態度、信念、意見及び責任を果たすために必要な倫理観、自己管理力

食物栄養学科における三つの方針

卒業認定・学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)

・学位:学士(栄養学)
現場に即応できる管理栄養士になるため、基礎教養科目及び管理栄養士課程の専門教育科目の単位を修得し、学則に規定する卒業に必要な単位を修得した者に学位が授与されます。
また、学位授与に必要な単位を修得し、社会人として求められるコミュニケーション能力、態度(心構え)や職業に対する知識、理解、価値、意見を獲得すれば卒業が認定されます。

教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)

専門的学習成果を獲得する管理栄養士課程として栄養士の免許及び管理栄養士の国家試験受験資格を得る教育課程を編成します。同時に以下の資格取得を可能とします。
・食品衛生管理者任用資格
・食品衛生監視員任用資格
・栄養教諭一種免許状(再課程認定申請中)※
・フードスペシャリスト資格認定証 及び 専門フードスペシャリスト資格認定証
・図書館司書
・社会教育主事任用資格
・社会福祉主事任用資格
※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

授業においては、科目の専門的学習成果のみではなく汎用的学習成果も獲得できるように実施します。

入学者受け入れの方針
(アドミッション・ポリシー)

本学に入学する人物には、次のような資質・能力を求めます。
・管理栄養士の仕事を理解している。
・卒業後、管理栄養士として職業に就く。
・本学での学習に必要な一定水準の学力を身に付けている。
・生物、化学を基礎とする学習に努力できる。