現場に即応できる
管理栄養士を育てています。


専門的学習成果を獲得する管理栄養士課程として栄養士の免許及び管理栄養士の国家試験受験資格を得る教育課程を編成しています。また、授業においては、科目の専門的学習成果のみではなく汎用的学習成果も獲得できるように実施しています。

基礎教養科目

汎用的学習成果の獲得を支援する多彩なカリキュラム。

幅広い分野にわたる基礎教養科目を学ぶことによって、教養を身に付け、社会人としての基礎力をしっかりと築きます。

基礎生物学

ヒトの設計図である遺伝子と、身体の構成単位である細胞の構造および機能を学ぶことにより、生命現象を学ぶ楽しさを知り、栄養科学の基本となる医学生物学的な知識と考え方を習得する。

教養演習Ⅰ・Ⅱ

管理栄養士のあるべきすがた等についての講義、第一線で活躍する管理栄養士の講演や職場に訪問して、管理栄養士に求められる役割を理解し、その高い使命感を培うことを目的とする。

社会との接続Ⅰ・Ⅱ

演習活動『栄養長寿教室等』にチームで参加して対象者およびチーム間とのコミュニケーションをとり、栄養マネジメント業務を体験することにより、卒業後に自信をもって栄養管理能力が発揮できる。

専門教育科目

豊かな人間性と、高い専門的能力。どちらも身に付く多彩なカリキュラム。

管理栄養士に求められる専門領域の能力を磨き、保健・医療・福祉・介護など各々の分野で活かせるマネジメント力や、栄養指導ができる力を養成する充実のカリキュラムです。管理栄養士課程として栄養士の免許および管理栄養士の国家試験受験資格を得るため栄養士法及び同法施行規則に定める科目をコアカリキュラムとして教育課程を編成しています。
また、同時に食品衛生管理者任用資格及び食品衛生監視員任用資格を得るため、「食品衛生資格履修コース」をコアカリキュラムの中に科目指定をしています。
特にコアカリキュラムの科目の授業においては、科目の専門的学習成果のみではなく汎用的学習成果の全般を獲得できるよう教員は授業計画(シラバス)の中に組み込んでいます。

 

コアカリキュラム

臨床栄養学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

チーム医療、在宅医療、診療報酬・介護報酬、栄養ケア・マネジメントの概要、栄養補給法、栄養評価指標の基本を理解し、疾患別の栄養管理計画のプランニングができる総合的能力を獲得する。

総合演習

病院や高齢者福祉施設、および地域における管理栄養士の果たす役割を理解し、専門分野の知識及び技術を統合して、管理栄養士業務である栄養評価や管理が適正に行える総合的な能力を養う。

給食経営管理実習Ⅰ・Ⅱ

病院、福祉施設、事業所などでの給食業務を想定して、給食施設の種類によるニーズや提供方法の違いを理解し実践することで、様々な給食施設で のマネジメント能力を養い、応用力や判断力を習得する。

サブカリキュラム

更に、学校における食に関する指導と学校給食の管理を一体的に担う栄養教諭一種免許状の取得を希望する者に対して、教育職員免許法および同法施行規則に定められた教職課程と日本フードスペシャリスト協会のフードスペシャリスト資格の認定試験を受験する科目群をサブカリキュラムに編成し、実施しています。

その他、学習に意欲のある者に対して国家資格である図書館司書や社会教育主事の任用資格に関する科目もサブカリキュラムとして編成し、実施しています。

フードスペシャリスト
専門フードスペシャリスト資格認定証

view more

栄養教諭一種免許状

 

 

view more

図書館司書
社会教育主事任用資格

 

view more