現場に即応できる
管理栄養士を育てています。


専門的学習成果を獲得する管理栄養士課程として栄養士の免許及び管理栄養士の国家試験受験資格を得る教育課程を編成しています。また、授業においては、科目の専門的学習成果のみではなく汎用的学習成果も獲得できるように実施しています。

基礎教養科目

汎用的学習成果の獲得を支援する多彩なカリキュラム。

幅広い分野にわたる基礎教養科目を学ぶことによって、教養を身に付け、社会人としての基礎力をしっかりと築きます。

人間の発達
(基礎教養科目群)

知覚、言語など人間の基本的機能における発達心理学の基礎的な知識について学び、発達心理学の見地に立って思考する能力を獲得する。

正しい日本語
(基礎教養科目群)

国語の語彙、文法的特徴及び音韻など日常生活のことば・死語・新語・流行語などから正しい会話、若者らしいことば遣いを修得する。

基礎化学
(基礎教養科目群)

私たちの身の回りにあるものを化学物質として認識し、より深い理解ができるよう、身近な日常現象と結びつけて親しみやすく学ぶ。

基礎生物学
(基礎教養科目群)

ヒトの設計図である遺伝子と、身体の構成単位である細胞の構造および機能を学ぶことにより、生命現象を学ぶ楽しさを知り、栄養科学の基本となる医学生物学的な知識と考え方を習得する。

情報リテラシーⅠ
(人間生活科目群)

情報の表現・処理とインターネットの仕組みや情報モラルについて学ぶとともにWord・Excelの基本的な技能を演習で身に付ける。

教養演習Ⅰ・Ⅱ
(人間生活科目群)

管理栄養士のあるべきすがた等についての講義、第一線で活躍する管理栄養士の講演や職場に訪問して、管理栄養士に求められる役割を理解し、その高い使命感を培うことを目的とする。

社会との接続Ⅰ・Ⅱ
(人間生活科目群)

演習活動『栄養長寿教室等』にチームで参加して対象者およびチーム間とのコミュニケーションをとり、栄養マネジメント業務を体験することにより、卒業後に自信をもって栄養管理能力が発揮できる。

専門教育科目

豊かな人間性と、高い専門的能力。どちらも身に付く多彩なカリキュラム。

管理栄養士に求められる専門領域の能力を磨き、保健・医療・福祉・介護など各々の分野で活かせるマネジメント力や、栄養指導ができる力を養成する充実のカリキュラムです。管理栄養士課程として栄養士の免許および管理栄養士の国家試験受験資格を得るため栄養士法及び同法施行規則に定める科目をコアカリキュラムとして教育課程を編成しています。
また、同時に食品衛生管理者任用資格及び食品衛生監視員任用資格を得るため、「食品衛生資格履修コース」をコアカリキュラムの中に科目指定をしています。
特にコアカリキュラムの科目の授業においては、科目の専門的学習成果のみではなく汎用的学習成果の全般を獲得できるよう教員は授業計画(シラバス)の中に組み込んでいます。

プレゼンテーション
(現代生活基礎科目)

本授業では、パソコンソフトのパワーポイントで作った一対多数形式のプレゼンと、授業中に創作した寸劇を少数対多数形式のプレゼンを実施することで、効果的にプレゼンを成功させるためのノウハウを学習する。

公衆衛生学Ⅰ
(専門基礎分野・社会・環境と健康)

疾病の疫学的パターンを解説し、感染症と生活習慣病対策へのライフスタイルの矯正と実践指導、早期診断等について学ぶ。

基礎栄養学実験
(専門分野・基礎栄養学)

基礎栄養学で学んだ栄養素と生体の関わり栄養素の代謝・吸収と健康に関する知識を自分のものとして理解することを目標とし、糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の特徴、性質の理解のため各栄養素や食物繊維を用いてそれらの物理的、化学的性質を逐一実験によって調べていく。

応用栄養学実習
(専門分野・応用栄養学)

栄養アセスメントに必要な栄養状態判定の指標としての身体計測、生化学検査、臨床診査、食事摂取調査などを理解し、それを評価する技術について学ぶ。

栄養教育管理
(専門分野・栄養教育論)

健康・栄養教育に関する理論と方法、行動科学やカウンセリングの理論と技術等を活用し、適正な栄養教育を行う能力を養う。

栄養教育論実習Ⅰ・Ⅱ
(専門分野・栄養教育論)

栄養教育論実習Ⅰは、健康・栄養状態、食行動、食環境などの評価・判定に基づく栄養教育プログラムの作成・実施・評価を総合的にマネジメントする基礎的実践技術を修得する。

栄養教育論実習Ⅱは、Ⅰで学んだ基礎的実践技術を応用し、ライフスタイル、ライフサイクルにおける行動科学やカウンセリングを導入した栄養教育技術を重視して実習する。

臨床栄養学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
(専門分野・臨床栄養学)

チーム医療、在宅医療、診療報酬・介護報酬、栄養ケア・マネジメントの概要、栄養補給法、栄養評価指標の基本を理解し、疾患別の栄養管理計画のプランニングができる総合的能力を獲得する。

臨床栄養学実習
(専門分野・臨床栄養学)

具体的な症例を基に、特に身体計測による評価・判定方法や、ベッドサイドでの栄養指導技術、チーム医療でのコミュニケーションを円滑に進める方法を学ぶ。

公衆栄養学実習
(基礎分野・公衆栄養学)

公衆栄養学Ⅰと公衆栄養学Ⅱで学んだ理論を理解した上で、地域の一般住民に対するさまざまな栄養教育の場を想定して、栄養調査による食生活の実態把握や栄養教育の企画および教育方法等についての模擬実習を行う。

給食経営管理実習Ⅰ・Ⅱ
(基礎分野・給食経営管理論)

病院、福祉施設、事業所などでの給食業務を想定して、給食施設の種類によるニーズや提供方法の違いを理解し実践することで、様々な給食施設で のマネジメント能力を養い、応用力や判断力を習得する。

総合演習
(専門分野・総合演習)

病院や高齢者福祉施設、および地域における管理栄養士の果たす役割を理解し、専門分野の知識及び技術を統合して、管理栄養士業務である栄養評価や管理が適正に行える総合的な能力を養う。

食品学各論実験Ⅱ
(専門基礎分野・食べ物と健康)

食品学総論、食品学各論、食品学各論実験Iにおいて理解した知識を更に深くするため、個々の食品素材の種類、分類、性状、化学成分、物性について説明し、実物を見せ、個々の食品の名称、個々の食品部位の名称、特徴を確認させる。

食品加工学実習
(専門基礎分野・食べ物と健康)

食品加工学、食品学各論等で学んだ基礎的知識に基づき、現在一般に流通している各種加工食品の加工技術を使い自分自信の手で実際に麺類、ジャム、トマトケチャップ、かまぼこ、ソーセージ、こんにゃく、豆腐、甘夏のマーマレード等の製造を行う。

調理学実習Ⅲ

(専門基礎分野・食べ物と健康)

調理器具の使い方、調理法、献立作成、多様化した食品素材の選択などに配慮し、安全性と嗜好性を満足させる調理方法を探究する。

サブカリキュラム

更に、学校における食に関する指導と学校給食の管理を一体的に担う栄養教諭一種免許状の取得を希望する者に対して、教育職員免許法および同法施行規則に定められた教職課程と日本フードスペシャリスト協会のフードスペシャリスト資格の認定試験を受験する科目群をサブカリキュラムに編成し、実施しています。

その他、学習に意欲のある者に対して国家資格である図書館司書や社会教育主事の任用資格に関する科目もサブカリキュラムとして編成し、実施しています。

フードスペシャリスト
専門フードスペシャリスト資格認定証

view more

栄養教諭一種免許状

 

 

view more

図書館司書
社会教育主事任用資格

 

view more