Society5.0時代の現場に即応できる管理栄養士を育てています。


専門的学習成果を獲得する管理栄養士課程として栄養士の免許及び管理栄養士の国家試験受験資格を得る教育課程を編成しています。また、授業においては、科目の専門的学習成果のみではなく汎用的学習成果も獲得できるように実施しています。

基礎教養科目

汎用的学習成果の獲得を支援する多彩なカリキュラム。

Society5.0時代に必要な3つの力(クリエイティブ力・マネジメント力・ホスピタリティ力)をしっかりと築きます。

人間の発達
(基礎教育科目)

人の生涯発達の各時期の特徴について学び、自分自身の生をどのように捉え意味づけていくのか、将来の発達課題に対して、幅広い視野から捉えることを学修する。

正しい日本語
(基礎教育科目)

社会生活を送る上で身に付けておくべき文章表現に関する基本的な知識と技能、国語基礎力(敬語・文法・語彙・言葉の意味・表記・漢字)を充実させ、さらに、描写の文章・説明の文章・論説の文章について表現の特色を身に付ける。

基礎化学
(基礎教育科目)

私たちの身の回りにあるものを化学物質として認識し、物質や現象を科学的に捉えるミクロな視点から眺める力と、それを表現する方法を学び、生活に必要な物質を正しく扱う「化学の目」を身につける。

基礎生物学
(基礎教育科目)

「生物」の条件である「生命活動の維持」および「生命の連続性」の基礎を学ぶとともに、「アポトーシス」や「老化」「疾患」など様々な生物学・医学における最新の情報も学修する。

ITリテラシーⅠ
(基礎教育科目)

Society5.0時代に対応できる管理栄養士になるために、コンピュータの基礎・情報の形態と収集の方法、インターネットの仕組とWebシステム、情報の伝達、セキュリティーと法令遵守及びICT活用の問題解決について学ぶ。

体育実技
(基礎教育科目)

各種スポーツを通して積極的にスキルレベルの向上を図ると共に、現代社会に即した豊かな体育的教養を獲得し、運動技能の向上や身体諸器官の発育発達及び身体活動を通して社会態度や安全意識などの人間形成を図る。

専門科目

豊かな人間性と、高い専門的能力。
どちらも身に付く多彩なカリキュラム。

管理栄養士に求められる専門領域の能力を磨き、保健・医療・福祉・介護など各々の分野で活かせるマネジメント能力や、栄養指導ができる力を養成する充実のカリキュラムです。

プレゼンテーション
(現代生活基礎科目)

本授業では、パソコンソフトのパワーポイントで作った一対多数形式のプレゼンと、授業中に創作した寸劇を少数対多数形式のプレゼンを実施することで、効果的にプレゼンを成功させるためのノウハウを学習する。

公衆衛生学Ⅰ
(専門基礎分野/

社会・環境と健康)

疾病の疫学的パターンを解説し、感染症と生活習慣病対策へのライフスタイルの矯正と実践指導、早期診断等について学ぶ。

基礎栄養学実験
(専門分野・基礎栄養学)

糖質、タンパク質、食物繊維の特徴、性質を理解するために各栄養素や食物繊維を用いてそれらの物理的、化学的性質を実験によって調べていく。

応用栄養学実習
(専門分野・応用栄養学)

栄養アセスメントに必要な栄養状態判定の指標としての身体計測、生化学検査、臨床診査、食事摂取調査などを理解し、それを評価する技術について学ぶ。

栄養教育管理
(専門分野・栄養教育論)

健康・栄養教育に関する理論と方法、行動科学やカウンセリングの理論と技術等を活用し、適正な栄養教育を行う能力を養う。

栄養教育論実習Ⅰ・Ⅱ
(専門分野・栄養教育論)

栄養教育論実習Ⅰは、健康・栄養状態、食行動、食環境などの評価・判定に基づく栄養教育プログラムの作成・実施・評価を総合的にマネジメントする基礎的実践技術を修得する。

栄養教育論実習Ⅱは、Ⅰで学んだ基礎的実践技術を応用し、ライフスタイル、ライフサイクルにおける行動科学やカウンセリングを導入した栄養教育技術を重視して実習する。

臨床栄養学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
(専門分野・臨床栄養学)

疾病時における人体の変化(病態生理)を理解して、それぞれの症状または原因に対応した治療と食事療法の考え方を総論的に学ぶ。
Ⅰで学んだ基礎知識に加えて、それぞれの症状または原因に対応した治療と食事療法の考え方をより専門的に追及する。

栄養状態の評価・判定、栄養補給、栄養教育、食品と医薬品の相互作用及び医療・介護制度やチーム医療における管理栄養士の役割について学ぶ。

臨床栄養学実習
(専門分野・臨床栄養学)

具体的な症例を基に、特に身体計測による評価・判定方法や、ベッドサイドでの栄養指導技術、チーム医療でのコミュニケーションを円滑に進める方法を学ぶ。

公衆栄養学実習
(基礎分野・公衆栄養学)

地域の一般住民に対する栄養教育の場を想定して、栄養調査による食生活の実態把握や栄養教育の企画及び教育方法などについての模擬実習を行う。

給食経営管理論Ⅰ
(基礎分野・給食経営管論)

病院、学校、福祉施設、事業所など、給食運営における栄養面や安全面、経済面全般のマネジメントを行う基本的能力を養う。

 給食

経営管理実習Ⅰ・Ⅱ
(基礎分野・給食経営管理論)

給食経営管理実習は給食経営管理論Ⅰ及び給食経営管理論Ⅱで学んだ組織的な給食運営のマネジメントの手法を学内の給食経営管理実習室で実践する。

給食運営や関連の資源を総合的に判断し、栄養・安全・経済面全般のマネジメントを行う能力を養い、マーケティングや組織管理などの理論と実践を統合させる実習を行う。

総合演習
(専門分野・総合演習)

基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論の専門分野の知識及び技術を統合し、横断した演習を行う。

 

食品学各論実験Ⅱ
(専門基礎分野・食べ物と健康)

植物性食品、動物性食品、油脂食品、発酵食品、甘味料、嗜好飲料などの基本的性質を理解し、加工と貯蔵への応用を実験によって修得する。

食品加工学実習
(専門基礎分野・食べ物と健康)

パン、麺類、ジャム、ソーセージ、こんにゃく、豆腐などの製造を行い、糖分・塩分それらの混合物を用いた官能検査も行う。

調理学実習Ⅲ

(専門基礎分野・食べ物と健康)

調理器具の使い方、調理法、献立作成、多様化した食品素材の選択などに配慮し、安全性と嗜好性を満足させる調理方法を探究する。

サブカリキュラム

更に、学校における食に関する指導と学校給食の管理を一体的に担う栄養教諭一種免許状の取得を希望する者に対して、教育職員免許法および同法施行規則に定められた教職課程と日本フードスペシャリスト協会のフードスペシャリスト資格の認定試験を受験する科目群をサブカリキュラムに編成し、実施しています。

その他、学習に意欲のある者に対して国家資格である図書館司書に関する科目もサブカリキュラムとして編成し、実施しています。

フードスペシャリスト
専門フードスペシャリスト資格認定証

view more

栄養教諭一種免許状

 

 

view more


図書館司書

 

view more